WA-Chord イベント


LinkIcon
Last Updated 2012-03-19


WA-Chord projectからのメッセージ

PLAY the 311 vol.01

「100年先へ、311を伝える~気仙沼の僕らからのメッセージ~」

「311」
東日本大震災が発生し、多くの方の命と多くの大切なモノが奪われました。
それから365日の月日が流れようとしています。
東北はとても寒い日が続いています。
ボランティアの数はピーク時から90%以上減り
TVや新聞でもあまり取り上げられなくなってきました。
被災地のニーズは刻々と変わります。
今も、震災と戦い続けている人がたくさんいます。


あの日、皆さんは何をしていましたか?
あの日からの365日、
何を感じ、何を考え、
どう今を過ごしていますか?

3月4日
日本財団1Fバウルームにて、
「PLAY the 311 vol.01」を開催します。

震災後、必死にボランティアを行っていた学生のトークセッションとして、
atsushi(WA-Chord Project代表 @atsushi1992)
三井俊介さん(復興支援団体SET @shunsuke_1223)
気仙沼高校出身の4人組バンドによる演奏 the Revaiz
ダイガク.TVと制作したショートムービーの上映

そして会場には
震災を経験した東北の若者が
自らシャッターを切った写真を展示しております。


私たちは
それぞれの「311」をカタチにします。

トークショーでは被災地出身だからこそ語れる
メディアが報道しない現地の本音や実情を共有し、
アースダイアログでは、トークショーの気付きを
5人程度のグループで話します。

そして、被災地でボランティア活動を継続していて、
私たちが自信をもって紹介できる団体を紹介します。
311の気付きを共有する体験として、ぜひ、参考になればと思います。

あなたと311の気付きを共有させてください。


若者の経験とその想いを集わせましょう!
3月4日、お待ちしております。


詳細

日時:2012年3月4日(日) 開場:13時 開演:13時30分 閉場 : 17時30分
場所:日本財団ビル1F バウルーム
入場料:500円
主催:WA-Chord project
共催:アースディ東京日本財団
協力:ダイガク.TV sizuフリーマガジンLily地球サミット2012Japan、Students' Generation
支援団体:HUMANBAND on Route 3.11PEACE JAMプロジェクト結
企画協力:グラウンディングラボ
コーディネーター:都丸一昭
ファシリテーター: 三井俊介、志田淳、藤原遼、門馬優、山本葵,都丸一昭

タイムライン
13:00 開場(写真展を楽しみください)
13:30 オープニング
13:35 トークショー
15:05 休憩
15:25 アースダイアログ
16:30 被災地ボランティア団体紹介
16:45 交流会
17:30 閉場

本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催されます。

申し込みは下記